おまとめローン

 

おまとめローンとは

ネットの広告などで銀行の広告に「おまとめローン」とか「借金の一本化」といった言葉を見ることがありませんか?おまとめローンとは、複数ある借入先ーつまり何社にも借金をしている状態の人が、その借入先を一本化して月々の支払額を減らす為の方法のことです。

 

おまとめローンを取り扱っている金融機関で新たに借り入れをして、いくつもある借入先で残っている借入金をまとめて清算してしまいます。複数借金がある人は、こちらで借りて借りたお金でこちらの借金を返して、といったような自転車操業のような借金地獄に陥ってしまうことが多く、そのままの状態で返済を続けていくといずれは返済が滞るようになり、債務整理、自己破産、といった道を辿ることになる可能性が高いのです。

 

おまとめローンを取り扱っている金融機関というのは、主に銀行です。そして、一般向けのカードローン、フリーローンなどと比べるとおまとめローンは金利が低めに設定されています。おまとめローンを利用することでかならずしも自己破産にならない、というわけではありませんが、少しでも金利の低いローンに一本化をすることで利息負担も減りますし、自転車操業的な借りては返して、という悪循環もなくなりますのでこうした状態からひとまず脱することができます。

 

さらにおまとめローンを利用することで月々の返済額や最終的な完済日までの見通しを立てることができますので、返済計画の見直しをすることができます。見通しが立てば精神的な負担も減らすことができますので、できるだけ早い段階でおまとめローンへの借り換えを検討することが大切です。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットはというと、やはり一番にあげられるのが毎月の返済額が減るというメリットではないでしょうか。というか、それがなかったらもはやおまとめローンをやる意味がない、といっても過言ではないほどです。

 

おまとめローンはおもにどういった金融機関で取扱があるかというと、銀行がほとんどで、一般的なカードローンなどと比べるとおまとめローンの金利設定は基本的には低めになっています。金利が低くなっているから、複数ある普通のキャッシングやカードローンをその低金利なおまとめローンで一本化することで利息負担額が減り、毎月の返済額が減るというわけです。

 

また、おまとめローンを利用することで返済計画の見直しをはかることができるのもメリットの一つといえます。複数の借入先に返済をしていると、毎月支払日が借入先の数だけあるわけですから支払いに追われ、支払額の管理と合わせて返済管理には頭を悩まされることとなると思います。おまとめローンを利用すれば、返済日は一つにまとまりますし返済額も一定になりますので月々の返済がしやすくなります。

 

また、複数ある借り入れによって総額がよくわからなくなってしまっていた自分の現在の借り入れ残高や返済額も、おまとめすることではっきりと把握することができますので長期的に返済計画を見通すことができるようになる、というわけです。こうした返済管理が楽になれば、延滞もなくなり督促の電話などからのプレッシャーもなくなります。よって、経済面だけではなく精神的な負担からも解放されることになるのです。

メリット・・・信用度が増す

こうしたおまとめローンのメリットはおまとめローンの本質ともいえる部分でもあるのですが、それ以外にもおまとめローンを利用することで生まれるメリットがあります。それは、信用度が増すということです。どういうことかというと、キャッシングやカードローンなど借り入れの審査の際には借り入れ総額ではなく他社借り入れ件数についてを重視する傾向にあります。今いくら借り入れがあるかより、今何件の借入先から融資を受けている状態なのか、です。

 

例えば同じ100万円を借りたケースだとして、1社から100万円を借りた場合と、4社から25万ずつで100万円借りた場合とでは、審査では1社から100万円を借りた場合のほうが「返済能力があるひと」とみなされ安全だと判断されるのです。

 

一方の4社から借りた人は、「信用度が低いから、1社からの限度額が25万円までなのだ」という判断がされ、先のケースと比較して信用が低く審査されます。もちろん、審査は他に年収や勤続年数などと言った属性も見られますのでそれに限った審査をされる訳ではありませんが、おまとめローンを組むことで借り入れ件数が減りますしまとまった金額の借り入れができることで信用度が増すというのは確かですので、今後の借り入れの際に有利なローンを組める可能性が高くなります。

 

おまとめローンはこのように、借入先が複数ある人にとって大変にメリットのあるローンです。債務の度合いにもよりますが、ほとんどの場合無担保、保証人なしで利用することができるため周囲にバレずに利用できるところもうれしいですね。

おまとめローンのデメリット

複数ある債務をより低金利なローンに一本化して返済負担を減らすことのできるおまとめローン。やはり利用するからには、メリットだけではなくデメリットもしっかりと理解した上で利用したいですよね。あげることのできるメリットはたくさんありますが、逆に利用することでデメリットになることはあるのでしょうか。

 

おまとめローンを取り扱っている金融機関は主に銀行です。銀行のおまとめローンは普通のカードローンと比べて低金利に設定されていることが多く、また融資限度額も高めに設定されていますが、その分、融資が厳しいというデメリットがあげられます。

 

銀行側が金利を低く融資ができるのはおまとめローンにするのであればある程度まとまった額の融資となる為、低金利の貸付けになったとしてもある程度の利息が回収できるという見込みがあるからです。そのままであれば消費者金融など他の金融機関に支払われるはずだった利息をまとめて回収できるわけですから、多少金利を低くしても十分に銀行側にもメリットがあるわけです。しかしその分、返済能力のしっかりある人に対してしか貸付けができない、というのも十分うなずけますよね。

 

銀行からお金を借りる方法によってはおまとめローンの利用条件として年収500万円以上、などといった高いハードルを設定しているところもあります。おまとめローンはたいへん利点のあるローンではありますが、反面、誰にでも利用しやすいローンではないというわけです。

甘い考えの人は要注意

対して、銀行以外の消費者金融や信販会社系のおまとめローンはというと、「おまとめ」や「借金の一本化」といった書かれ方はしていてもその実態は資金使途を問わないフリーローンであるというケースがほとんどです。こうしたローンの場合審査が甘かったり無担保で保証人不要などといったメリットもあるのですが、銀行のおまとめローンと比較すると金利の面ではどうしても割高になるというデメリットがあげられます。

 

せっかくおまとめローンにするのであれば、やはりできるだけ金利が低いところでまとめられるほうがよいのはいうまでもありません。消費者金融などからの融資となりますと、貸金業法の定める総量規制の対象となりますので年収の3分の1を超える借り入れはできませんから融資の上限金額は銀行と比較するとかなり下がります。

 

また、おまとめローンを利用した場合の弊害として起こりやすいのが新たな借り入れによる借金の増加です。おまとめローンの審査がとおり、無事に債務の一本化ができたところで、今度は気がゆるんで「借り入れ件数も減ったし、利息負担が減ったなら新たにこれくらいは借りてもいいかも」と更なる借り入れをしてしまうケースは大変多いのです。

 

おまとめローンを利用しようという人は、もともと借金に対して考えが甘い人であるケースが多く、金融のプロもその辺りはしっかりと見ています。また借り入れが増えたらおまとめローンを利用すればいいや、などと甘い考えは通用しません。2度目からのおまとめローンの審査は1度目と比較にならないくらい高いハードルになっています。おまとめローンは多重債務者への救済策ではありますが、同時に債務者を甘やかす可能性があるというデメリットも抱えているというわけです。